Blog

スタッフブログ

滋賀県で一番きれいな現場を目指して

汚いところから奇麗なものは生まれない。

 

先日の研修で一番こころに残った言葉です。

ARCHでは滋賀県で一番きれいな現場を目指して

現場の環境や安全、マナーなどを学ぶ全国規模の研究会に所属しています。

その全国大会がzoomにて開催されました。

ただ見るだけではなく、各社課題を発表して、どこがどんな取り組みをしているか等を共有します。

まだ研究会に入って1年目の弊社は学ぶことが沢山ありすぎて、真似をするところから始めています。

詳しい内容までは濃すぎてお伝え出来ないのですが、冗談抜きで裸足で歩けるような現場があります。

職人さんの技術もさながら、マナーも大変よく、ご近所から差し入れがあったりするそうです。

 

一般的に建築現場は汚いところで、危ないところというイメージがあると思います。

そのイメージをガラッと変えたいのです。

めちゃくちゃ奇麗な現場でよりいいものを造っていきたいのです。

時間はかかると思いますが、やります!

滋賀で一番きれいな現場を目指して!

Kawaharabayashi

書いた人

Kawaharabayashi

一級建築士、ロンドン留学経験あり
多くの人に高性能住宅の良さを伝えたい
自宅を建ててからお家キャンプにはまっている

ブログ一覧へ