2019年9月8日

住宅ローンはただの「借金」じゃない

  • ARCH広報部
  • 書いた人/ARCH広報部
  • スタッフブログ

 

家を建てるためには大金が必要です。

滋賀県なら2000万円~5000万円くらい必要になります。

普通の人はこんなに現金を持っていないので、住宅ローンを借りることになります。

 

住宅ローンとは、個人が家を建てるときに金融機関から受ける融資のことです。

言い方を変えると借金です。

つまり、住宅ローンで家を建てると2000万円~5000万円の借金をすることになります。

 

ちょっと怖くなってしまいましたか?

でも脅しているわけではないので安心してください。

 

住宅ローンには“団体信用生命保険”という制度があります。

何らかの理由で借主が亡くなると、それ以降のローン返済がチャラになるという保険です。

これは他のどんなローンにもない、住宅ローンだけの制度です。

 

万が一の時に、残された家族に住む家を残せます。

そういった意味では、「家を建てる=保険」という考え方もできます。

 

ですので、消費者金融で借りるような借金とは違います。

住宅ローンは「家族の暮らしをより良くする」「家族の未来を守る」ための借金です。

 

 

 

住宅ローンを借りるときに大切なこと

「こんなに借りて大丈夫かな…?返せなかったらどうしよう…」と不安な気持ちでお金を借りてはいけません。

マイナスの気持ちは、マイナスの未来に繋がってしまいます。

お金を借りるだけでなく、家を建てることまで不安になってしまうかもしれません。

 

ですので、住宅ローンを借りるときは、プラス思考になりましょう。

「このお金を借りて家を建てたら、今よりもっと毎日が良くなる!」とワクワクした気持ちで借りること。

気持ちの問題ですが、これって大切なことです。

 

 

 

借入金額に不安があるときは

どうしても「こんなに返せるかな?」という不安が消えないときは、2つの解決法があります。

①お金を見直す

②モノを見直す

 

まず、「①お金を見直す」とは、将来設計と資金計画のことです。

現在~老後までのライフイベント(出産、子育て、退職など)と照らし合わせて資金計画を立てます。

 

お金の見直しには2つのポイントがあります。

それは「減らすこと」と「増やすこと」です。

 

まずは、無駄な支出を減らす努力をしてください。

減らしすぎると我慢が多くなってしまうので、可能な限りで構いません。

 

それと同時に、収入を増やす方法を考えましょう。

例えば、ご主人のお給料がアップするように資格を取ったり、奥様も仕事をしたり…収入を増やす方法はたくさんあります。

 

 

次に「②モノを見直す」とは、家の建築計画を見直すことです。

 

本当にこの土地で良いのか?

→もう少し安いエリアで土地を買えば300万円くらい浮くかもしれない。

 

広い家がいいと思って40坪のプランにしたけど、そんなに広くなくていいかもしれない。

→必要ないスペースを削ってみようかな。

 

 

このように、お金とモノを見直して不安のない借入金額に近づけていきましょう。

無理のないローンを組んでくださいね。