2019年1月17日

冬の過ごし方!

  • 石井
  • 書いた人/石井
  • 社長ブログ

皆さんこんにちは。ARCHの石井です。

先日14日は成人の日!

多くに若者が大人への仲間入りされました。

成人式を迎えらえた二十歳の皆さんおめでとうございます!!

※私はもう20年以上前で事!そう思うと自分も年を感じます(涙)

 

さて、当然ですが皆さんのお家冬は寒く無いですか?

仕事を終えて帰宅すると、外とは変わらないぐらいに部屋が冷えきっていたり、

窓からひんやりとした空気が流れてきたり、トイレやお風呂が寒いとか、

部屋を暖めていると顔はほてるけど手足が冷える、朝寒くて布団からなかなか出れない

などなど経験されている方が大半だと思います。

これは、昔から伝わる日本の文化かもしれません。日本の心に受け入れられている名句があります。

「家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬はいかなる所にも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」

吉田兼好の「徒然草」の一節です。

簡単に訳すと、

「家の作りようは、夏を中心にしたほうがよい。冬はどんな所にも住める。

暑い頃、悪い住まいは、堪えがたい事だ。」

つまり、家をつくる時は夏の事を中心に考えて建てるほうが良い。

乱暴な言い方をすれば、冬の事は考えなくてもいい、寒くても我慢すればいい。

ってことです。

他にも、色んな理由がありますが日本の文化から、今の住宅事情があるような気がします。

ARCHがご提供しているお家は、

我慢しない快適さと少ない光熱費を同時に手に入れられるエコハウスです。

是非、多くの方に体感して欲しいです。

 

では、また!