Blog

スタッフブログ

草津市『集の家』3ヶ月点検に行ってきました

こんにちは!
10月9日は体育の日、とってもいいお天気になりましたね。
私たちは7月にお引渡しをさせて頂いた『集の家』の3カ月点検に行ってまいりました。
 
まずは窓。
ねじを締めなおして微調整をします。
 

 
こちらの窓にはブラインドカーテンが付いているのですが、閉めるときに窓の巾木(はばき)に当たって「音が気になる」とのこと。
そこで、設計の河原林がブラインドのボトムレールに何やら仕掛けを施しました。
 

 
こちら、「戸当たりシール」「クッションシール」などと呼ばれるものです(メーカーによって名前は様々です)
ボトムレールの両サイドと真ん中に張り付けたところ、衝撃が吸収され、音が出なくなりました!
同じようにブラインドの音で悩んでおられる方は参考にしてください♪
 
さて、次は《建具のチェック》です。
3カ月点検の時点ではほとんどメンテナンスが必要な個所はありません。
なので、入居してから気づいた細かいことや、建具のゆるみなどがないかチェックします。
 

 
おっと、換気システムに『フィルター清掃』の文字が…。
換気口をパッと見ただけではキレイなので分からないのですが、フィルター清掃はアナウンスが出たら早めにして頂くほうが換気の効率がよくなります。
 

 
その他、玄関ポーチの汚れや壁紙のへこみなど、気になるところを一つずつチェック。
その場で補修できるところはお手入れして、3カ月点検終了です。
 
この3カ月点検は、入居してから疑問に思っていることなどを聞いていただけるチャンスです。
K様も無垢フローリングの掃除が気になっていたようで、メンテナンス方法をお伝えすることができました。
 
ネットで調べるといろんなメンテナンス方法が載っていると思います。
それを調べて頂くのも一つの方法ですが、こういった機会にスタッフに聞いていただく方がすんなり疑問を解決できると思います。
 

 
K様、コーヒーごちそうさまでした^^
 

 

ARCH

書いた人

ARCH

滋賀県東近江市にある工務店 ARCH
高性能高機能な家づくりを行っています

読み物一覧へ