エネルギーの自給自足で
家計にも環境にもやさしく

初期費用0円で設置できる
ソラトモサービス

「ソーラーパネルを設置したいけど、初期費用を支払う予算がない」という方におすすめしているのがソラトモサービスです。設置費用は太陽光発電メーカーの長州産業がすべて負担します。設置から10年間は、太陽光で発電した電力による収入を長州産業が得ることにより初期設置費用を回収します。お施主様は、日中に発電した電気を格安な価格で購入し、利用することができます。11年目以降は、お施主様に太陽光発電システム一式を無償で譲渡します。発電した電気はすべて無料で使うことができます。

炭素税の上昇と
電気自動車の普及

炭素税とは、石油・石炭・天然ガスなどの化石燃料に税金をかけることで、それらを使用した製品の価格を引き上げ、需要を抑制するというものです。炭素税を導入している各国では上昇傾向にあり、日本も上昇する可能性が高いとされています。

炭素税が値上げされると、ガソリンや灯油の価格が上がり、急速に電気自動車が普及することが予想されます。そうなったときに自家発電で車を充電できれば大きな節約になります。

電力は生活に欠かせないエネルギー

電力はわたしたちの生活に無くてはならないものです。
生活家電、スマートフォンやパソコンなど、子どもから大人まで電力使用が増加する未来が予想されます。

停電時に役立つエネルギー源

オール電化の場合、停電すると「冷暖房ができない」「お湯が沸かせない」といった課題があります。太陽光発電があれば、日中は発電した電気を使えます。また、蓄電池を備えていれば夜間でも電気を使うことができます。
東日本大震災におけるライフライン復旧までの日数は、電力供給は約1週間で95%が復旧、完全復旧まで3か月を要しました。ガスや水道に比べて復旧までの時間は短いですが、オール電化の場合は給湯や調理にも影響するため、太陽光発電を載せておくことは大きな備えになります。