staffstaff

  
From
滋賀県長浜市
Educational
ロンドン芸術大学
Certification
一級建築士、省エネ建築診断士
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

メインの業務は設計です。ARCHの設計担当は最初のヒアリングからプランニング、基本設計、実施設計、現場監督までの業務を一貫して行います。付随する敷地の調査や諸申請までも含まれますのでお客様のお家のことを知り尽くしている存在だと思います。
全て把握しているので、お客様のイメージや好み、言葉にできないニュアンスをくみ取って、プランにもディテールにも反映させることが出来ます。
現場管理では協力業者さんとのやり取りから材料の手配、工程管理まで含まれるので、責任のある仕事ですがプロ意識をもって業務に臨んでいます。
今後チャレンジしたいことは、いつも意識していることですが、美しいものを造っていきたいです。もちろん性能や機能も含めてです。一度パッシブ認定の取れる性能を目指してみたいです。


わたしが考える
居心地のいい住まい

僕にとっての心地いい空間とは、言葉に表せない快適さです。
なぜかそこに居たくなるような空間。居るだけで癒されるような空間。そんな住まいが理想です。
空間的に落ち着く、温熱環境的に快適。そんな2つが両立出来ればベストだと思います。
そんな空間の中に、誰にも気づかれないディテールを入れられた時は心の中でガッツポーズです。


5年以内にやりたいこと

パッシブ認定住宅の設計です。滋賀で一番と誇れる性能の住宅に携わりたいです。
ものすごく贅沢で難しいことなのですが、専門誌に掲載されたいです。それを見て指名を頂けるようになるとなお嬉しいです。
プライベートでは趣味を色々と始めたいです。登山、カヤック、渓流釣りなど。
自分の家を建てるまではとい我慢していたことばかりなのでちょっとずつ始めていきたいです。


皆さまへのメッセージ

2018年の暮れにやっと自分の家を建てました。
高性能住宅に住むようになっていろんなメリットを日々感じています。
冗談抜きでデメリットを感じたことがありません。自分が生活する中で発見したこと、勧めていきたいこと、やっておいたほうがよかったことなどを交えながら設計できるのは僕の強みです。
なんでも聞いてください。そしてプロ集団であるARCHにお任せください。
後悔のない家づくりを一緒にしていきましょう。


staffstaff

  
From
大阪府摂津市
Educational
スペースデザインカレッジ インテリアコーディネーター科
Certification
二級建築士、インテリアコーディネーター、ファイナンシャル・プランニング技能士3級
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

お客様の家づくりのサポートをしています。ライフプラン、資金計画、土地探し、ローンのお手続き、スケジュール管理などのお手伝いなどです。ほとんどの方が初めての家づくりですので、不安や疑問を抱えておられます。お客様の相談役として寄り添い、安心して家づくりをしていただけるように努めています。
今後は、オーナー様の奥様限定の「奥様会(仮)」みたいな、女性だけの会を作りたいです(笑)家のことや子育て、趣味など、いろいろ情報共有できる場所をつくれたらいいなと考えています。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

「ストレスなく生活でき、家にいるのが好きになる」住まいです。
たくさん悩んで考えたお家だから愛着もあり、居るだけで嬉しくなりますが、それだけでは「居心地のいい住まい」にはなりません。暑い・寒い・乾燥など体に負担がかかるストレスを取り除いてあげないといけないと考えています。お家の快適さがどれだけ大事かは住んでみないと分かりません。だからこそ、住む前にしっかりと計画することが大切です。


5年以内にやりたいこと

中古マンションを買い、ARCHでリノベーション!
子供たちも大きくなったので、ライフスタイルを考え、戸建てではなくマンションを考えています。そしてARCHの強みである「冬暖かくて夏涼しい空間」と、私の要望を聞いて形にしてくれる設計士にお願いして最高のリノベを夢見ています。
マンションは住んでからの費用もかかるので、それも考え、自分でアドバイザーとして安心安全&快適なマンションリノベーションを提案したいと思います(笑)その時が来たら、皆様にご報告しますね!


皆さまへのメッセージ

一生に一度の家づくり。お客様の「建てたいお家」を単にご提案するのではなく「お客様とそのご家族のためになるお家」をご提案いたします。そのためにお客様の声を聞き、お客様の身になって考え、家づくりのお手伝いをしています。安心してご相談ください。


staffstaff

  
From
滋賀県東近江市
Educational
滋賀県立八幡高等学校
Certification
スキューバダイビング、空気圧装置技師組立2級
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

家づくりを始めるお客様の家づくりのサポートをしています。家づくりを始める上でのライフプラン、資金計画、土地探し、ローンのお手続き、スケジュール管理など、着工する前に必要な事や悩みをお客様に寄り添いながら共にいい家づくりができるように考え、提案し、安心して家づくりをしていただけるように心がけています。

今後チャレンジしたいことは、より多くのお客様の家づくりに携わり、そのご家族の笑顔を見る事です。「ARCHに頼んでよかった」「ありがとう」心からそう思ってもらえる数を増やしていきたいです。その為に真摯に、誠実に、日々向き合っていきたいです。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

私にとっての「居心地のいい住まい」とは、「帰りたくなる自分にとっての最高の居場所」なのかなぁと思っています。嬉しい事、楽しい事があった日は、家に帰ると更に嬉しさや楽しさが倍増したり、悲しいことや辛いことがあっても、家に帰れば、大好きな家族が快適な空間で自分の事を笑顔で待ってくれている。自分自身が帰りたくなる居場所があるって最高ですよね。

でも、家が暑い・寒いなどストレスが溜まる環境だと、最高の居場所にはなりません。だからこそ、より高気密・高断熱で快適なお家で居心地のいいお家づくりを計画することが大事だと思っています。


5年以内にやりたいこと

より多くのお客様から「頼んでよかった」と言って貰えるお家づくりに携わることです。
また、より良いご提案ができるよう、FPか住宅ローンアドバイザーの資格を取れればと思っています。

プライベートでは、まずは……素敵な相手を見つけて結婚します。(笑)
そして、趣味でもあるダーツでRT11になること。ゴルフでスコア100を切る事。
カラオケで自己最高の95点以上を出すことを目標にしています。(笑)


皆さまへのメッセージ

一生に一度の高価な買い物と言われる住宅。その家づくりに携われることが何より嬉しいです。絶対に後悔はしてほしくないので、お客様のお声に耳を傾け、お客様の立場になって考え、絶対に後悔させない「一生に一度の最高の財産」と思って頂けるように、努めてまいりますので、一緒に最高の家づくりをしていきましょう。

建てたら終わりではなく、今後とも「一生のお付き合い」を宜しくお願い致します。


staffstaff

  
From
愛知県名古屋市
Educational
京都建築専門学校 建築科
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

先輩スタッフのサポートとして設計、現場管理を担当しております。
ARCHでは図面作成、工程作成、現場確認、お客様と打合せを一貫して行っており、設計から現場管理までひとりの設計士が担当します。
お客様のイメージや理想をそのまま現場に反映することが出来るのは、設計士が直接現場管理を行うARCHならではだと思います。 今後は一級建築士など、資格を取得して少しでもスタッフの力になれるように成長していきたいです。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

僕にとって居心地のいい住まいとは「帰りたくなる、ずっといたい」と思えるような快適かつ安全な家です。
快適でも安全ではない家には住めませんし、安全でも快適ではない家には住めません。
最近ではウイルス感染の流行とともにITの発展で家にいる時間や家で仕事するテレワークが増え、昔とは違った家づくりが求められます。
そういった時代なので、より快適かつ安全な住まいが必要だと考えております。


5年以内にやりたいこと

結婚して家族を持ち、自分で設計した家をARCHで建てられたらいいなと思います。
それと体を動かすことがめっきり減ってしまったので、ARCHのスタッフがゴルフをしているのもあり僕もゴルフを始めました。
ゴルフだけではなく色んなスポーツをしていきたいと思います。


皆さまへのメッセージ

ARCHのヒトは高性能な家を建てることができます。
スタッフ一人ひとりが仕事に信念、こだわりを持っております。
そして、「お客様に感動していただきたい・快適に生活していただきたい」と考えております。
前職は職人としてARCHの家を施工する側だったので、実際に様々な協力業者さんと仕事をしていましたが、仕事熱心で素晴らしい人たちばかりでした。
そんなヒトが集まれば一生に一度の家づくりを安心して僕たちに任せていただけると思うのです。
家づくりは是非、素晴らしいヒトが集まるARCHにお任せください。


staffstaff

  
From
兵庫県尼崎市
Educational
滋賀県立石山高等学校
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

インテリアコーディネート業務をしております。
インテリアというとテーブルやベッドなどの家具を想像する方が多いかもしれませんが、照明や壁紙、コンセントに至るまで、空間の中で快適に過ごすために置かれるさまざまなものがインテリアに分類され、コーディネートの対象となります。
お客様の家族構成やライフスタイルなども踏まえたうえで、ベストなインテリアのアドバイスや提案をさせていただきます。

また、1980年には35%しかいなかった共働き世帯ですが、2018年には67%まで増え、共働きがごく普通のライフスタイルとなりつつあります。それに伴い、家事や育児を協力して行う夫婦も珍しくなくなってきましたが、家事や育児をしながら仕事をこなすのは、本当に大変です。
私も子供が生まれ、家事育児の大変さを痛感し、今まで見向きもしなかったような便利グッズが今では目にとまって仕方ありません(笑)便利グッズには本当に驚かされることばかりです。
ですので、私も便利な家づくりのご提案に力を入れ、頑張る共働き世代のお力になれたらなと思います。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

「適正な湿度が保てる住まい」です。
目には見えませんが湿度は健康にとって重要な要素で、湿度が20~35%になると、風邪やインフルエンザなどのウィルスはしばらく生きながらえ感染リスクを増していきます。
逆に湿度が高いと結露が発生し、カビやダニが増殖します。その死骸や糞が室内に放出され、アトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状を引き起こす原因になります。
NHKの国民生活時間調査では、大学進学後、30歳で専業主婦となり、80歳まで生きた場合、65年は家の中で過ごす計算になるそうです。
ウィルス感染リスクが高く、ダニやカビの増殖した場所で、我が子のアトピー性皮膚炎がよくならないことを悩みながら過ごすことを考えると、優雅にコーヒーも飲めません。
ですので、適正な湿度の家で、きれいな空気を吸いながら暮らせたら最高に居心地のよい住まいだなと思います。


5年以内にやりたいこと

照明プランに力を注ぎ、照明士の資格を取りたいです。
狭い空間でも照明ひとつで広く感じることができたり、海外では太陽のような照明が発売され、地下にいても日の光を感じられたりと可能性は無限にあります。
照明プランは光の入り方を計算して提案します。配置によって不要な陰が入ったり、見え方もさまざまで、いろいろな顔があり学ぶ事が尽きません。照明でここまで違うのかと思ってもらえるようになりたいです。
プライベートでは自宅をそろそろ建てたいです。
便利が溢れている共働き住宅が欲しいですね。感心するほど便利な究極の便利ハウス(笑)


皆さまへのメッセージ

きっとARCHで建ててよかったなと思ってくださるだろうなと思っています。
高気密高断熱の家を売りにしている住宅会社が増加しています。増えてはいますが、本当の意味で高気密高断熱を理解して施工している住宅会社は少数です。
我が家は代々、建築一家です。
両親は共に設計士ですが、自宅を建てるならお金がかかってもARCHの設計士に依頼し、親族の大工さんよりもARCHの協力業者さんにお願いすると思います。性能は「家族だから」「親戚だから」「なんかこの営業さんいい人そうだから」では買えないことを私たちは知っています。
日用品や買換えできるものなら迷わず買うところですが “一生に一度の高価な買い物”となれば話は違います。
ARCHを選んでくださった方々には、本当に快適な住まいというものを実感して頂けることを嬉しく思います。
また、人としても弊社のスタッフは私の尊敬する方ばかりです。家の性能はもちろん、スタッフ一同ご満足いただき、末永いお付き合いをさせていただければ幸いです。


staffstaff

  
From
滋賀県甲賀市
Educational
京都造形芸術大学 芸術学部
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

広告制作、SNS更新、WEBサイトの管理、イベントの企画運営などを担当しています。ARCHの活動内容を伝えて、お客様に紹介していくことが主な仕事です。
わたしは「家」というモノだけでなく、その延長にある「暮らし」を届けたいと思っています。
これからチャレンジしたいのは、暮らしを楽しみながら人とのつながりを増やすことです。
例えば、地域の活動に参加したり、誰でも参加できるワークショップを開催したり。
すべての人の暮らしに花を添える活動をしていきたいです。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

「好きなインテリアに囲まれた春のように快適な住まい」というのが私にとって居心地のいい住まいです。
わたしは寒いのが大嫌いで、冬になって気温が下がってくるとそれだけで気分が落ち込みます。もともと冷え性なのもあり、体調もすこぶる悪くなるため、冬は心身ともに絶不調になってしまいます。
ですので、365日が春のように「寒くもなく暑くもないちょうどいい室温」の家がわたしにとって快適な空間。
また、インテリアを整えることも好きなので、視覚的にも自分の好きな空間をつくることが「居心地のよさ」に繋がります。
女性は生涯を通じてホルモンバランスの変化が激しく体調を崩しやすいと言われます。
多くの家庭では、奥様のほうが家にいる時間が長いと思うので、住まいが女性にとって快適な環境であることはとても大事だと思います。


5年以内にやりたいこと

これまでに寄せられたオーナー様からの疑問にお答えするコンテンツを作りたいです。
お家のメンテナンス方法や「他のオーナー様はこんな風に暮らしているよ」といった情報共有をしていき、相乗効果でみなさんの暮らしをよりよくしていくことが目標です。
プライベートでは、家を建てることです。
わたしがいつも仕事をしているオフィスは、ARCHの家と同じ高気密高断熱の建物なのですが、自宅のアパートと比べて快適に1日を過ごせます。
ただ、やはり家とは違うので、自分の家を建てて、家事や余暇を過ごしてみて、その経験をお伝えできればいいなと思います。


皆さまへのメッセージ

ARCHは「住む人の幸せがずっと続く家」をつくっています。
そのために設計や施工にこだわり、手間ひまを掛けます。
ローコスト住宅やデザイン重視の住宅が流行する今の時代、その逆を行く会社です。
わたしたちの家づくりに「今がよければいい」という考えは一切ありません。
住み始めたころよりも、10年20年という時間を経て「この家を建ててよかった」と思っていただける家をつくる。

住宅会社というと「家を建てたら終わり」と思われがちですが、ARCHは違います。
“建ててからも続く長いお付き合い”がわたしたちの家づくり。
毎年の定期点検を始め、ワークショップやオーナー様イベントで繋がっています。
そこで「子どもが生まれた」「家庭菜園を始めた」など、オーナー様の暮らしの変化を聞くと、自分のことのようにうれしい。
ARCHには気さくなスタッフが揃っています。
家づくりを通じて、人生や暮らしを豊かにしたいと思っておられる方からのご相談をお待ちしております。


staffstaff

  
From
滋賀県
Educational
滋賀県調理短期大学校
Educational
調理師
 

現在の仕事内容と
これからチャレンジしたいこと

事務、経理を担当しています。主に書類整理や書類作成、お金の管理などをしています。
実は、建築業界で仕事に就くのは初めてで右も左もわからないことだらけです。
事務や経理の勉強もしつつ、「家」や「暮らし」についても学びたいと思っております。
少しでもお客様やスタッフの力になれれば幸いです。


わたしが考える
居心地のいい住まいとは

お子様からお年寄りの方が安全に快適に暮らせるお家。
バリアフリーやユニバーサルデザインが当たり前にあって、どの世代の方でも快適にスムーズに過ごせることが私にとっての居心地の良い住まいです。


5年以内にやりたいこと

「ARCHの家」を知り尽くす事と、資格をとることです。
まだ具体的には決めてないのですが、お客様や会社のお役にたてる資格を取得したいと考えております。
プライベートでは何か趣味を見つける事です。
飽き性なものでなにをしても続かない事が多いのですが、自分に合った続けられる趣味を見つけられたらなと思います。


皆さまへのメッセージ

ARCHのスタッフは頼もしい、親身、真剣だと私は思います。
家を建てる事は人生の中で大きな節目になると思います。
お客様のことを真剣に考え、親身に相談に乗ってくれて、お家を建てた後にも頼もしいサポートがあります。
お家も一生のお付き合いですが、ARCHのスタッフはオーナー様のこともとても大事にしています。


Team ARCH