耐震性 耐震等級

命だけでなく
災害後の暮らしも守る強さを

家には快適性と同様に、地震や台風などの避けられない災害から家族や財産を守る耐震性能・耐久性能が求められています。
ARCHではお客様に納得できる家づくりをしていただくにあたり耐震等級に関する理解を深め、万が一の災害が起こったあとも住み続けられる家づくりを推奨しています。

耐震等級を詳しく見る

耐震性 許容応力度計算

安全性能レベルが高い
「許容応力度計算」を全棟実施

住宅を設計・施工する場合、安全を担保する根拠となる許容応力度計算をARCHでは全棟実施しています。

許容応力度計算を詳しく見る

耐震性 面材耐力壁

地震や台風などに負けない
強い家

木造軸組工法(在来工法)に面材(パネル)を組み合わせた構造で構築していきます。
地震の揺れを面で受け止めて拡散するため耐震性が高いです。また耐力面材の壁をつくる材料として石膏でできている〈無機質系〉面材を使用することで火災の際にも耐久性のある壁を採用しちえます。

面材耐力壁を詳しく見る

耐震性 基礎

見えない部分だからこそ
手を抜かない

家づくりの基礎となる部分です。家がたってからだと見えない部分ですが、この基礎がしっかりしていないと長く住める家にはなりません。
床下からの湿気を防ぐベタ基礎や防蟻処理などを行い、お客様が安心して住み続けられる家づくりを行っています。

基礎を詳しく見る

耐久性 防腐・防蟻

ハウスガードシステム「緑の柱」で
木材の腐れとシロアリ被害を防ぐ

耐久性に優れた「緑の柱」を用いることで、長期に渡って新築時の耐震性能を保ち、安全を維持します。
「緑の柱」は、国産無垢材に木材保存剤を加圧注入し、天然乾燥させた「腐らない木」です。

防腐・防蟻を詳しく見る

耐久性 防水施工

徹底的な防水施工で
建物を守る

雨や湿気は建物の劣化に大きく影響します。
窓やドアなどの開口部はもちろん建物から外面に張り出した形で存在しているベランダやバルコニーの笠木は耐久性を高めるために徹底防水を行います。

防水施工を詳しく見る

耐久性 2重垂木屋根

台風にも強い
重厚な屋根構造を採用

梅雨や台風が多い日本では、屋根を湿気から守ることは大変重要です。
二重垂木屋根は、屋根の断熱性能と耐久性を高め、家を長持ちさせます。

2重垂木屋根を詳しく見る