Blog

スタッフブログ

台風21号での体験談【エコキュートを入れていてよかった】

皆さんこんにちは、ARCHの石井です。
 
昨日から急に肌寒くなってきましたね。
これからどんどん秋が深まっていく感じですね。
冬ももうそこまで来ている季節になってきました。
私は寒いのが本当に苦手なので辛い季節がやってきました。
 
さて、前回の続き。
私が体験した「台風21号」での話。

 
9月4日のその日は、朝からお昼までとある現場へ。
お昼に事務所へ帰ってきて女性スタッフは帰宅してもらい、設計士の小菅と共に現場パトロールへ。
 
全現場のパトロールが終わって事務所に戻ってきたのが18時。
豪雨で体はびしょ濡れ!!
 
すぐに帰宅してお風呂に入ってゆっくりしている時です。
突然の停電!!!!!
 

 
最初は家族の誰かに電気を消されたのか思いました!
浴室のドアを開けて見ると家中真っ暗!!
 
家族が「停電したー」っと騒いでるのを聞き停電した事に気づきました。
それから約4時間もの停電が続きました。
 
お風呂を上がって、近所の方とお話をしていると「今晩お風呂どうしよう?」「どこかへ入りにいかんと」そんな声が沢山聞こえてきます。
その時、思った事。
エコキュートにしておいて本当に良かったって事です。
 

 
わかっていたことですが、エコキュートが災害に強いシステムだと身をもって気付かされました。
お湯がある限り、お風呂には入れます!※標準サイズで370Lのお湯は確保出来ます。
 
今回は電気でしたが、水が絶たれるような災害でもお湯は確保出来ます。
冷ませば飲み水にも使えます。
エコキュートはホントにエコで災害にも強くていい設備です。
私どもARCHでもお勧めしてる設備です。
 
今回の「台風21号」では色んな事を考える機会になりました。
家の造り方、万が一被害に合われた時の対処方法等。
まだまだ被害に合われた方の修復工事が進んでません。
 
私どもも微力ながら修復が早く進むように努力しております。
1日でも早く安心して生活をして頂ける様にしていきます。
ARCHの石井でした。

ARCH

書いた人

ARCH

滋賀県東近江市にある工務店 ARCH
高性能高機能な家づくりを行っています

読み物一覧へ