Blog

スタッフブログ

住まいとSDGs

SDGsを図解してみた|チャーリー|note

 

こんにちは。


アドバイザーの梅村です。

 

●SDGsとは・・「Sustainable Development Goals」の略称で、【持続可能な開発目標】という意味です。

 

SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。

 

SDGsの目標の中に「③すべての人に健康と福祉を」であったり、「⑦エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」や「⑪住み続けられるまちづくりを」

があります。この辺りは住まいと密接に関係してくるのではないかなぁと思います。


その他の目標で「④、質の高い教育をみんなに」という目標あるのですが、これだけを聞くと、住宅とどう関係があるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも実は関係があるんです。

 

住まいが整っていると学習環境にも影響します。例えば、日本建築学会に報告された分析によると、夏場の室内での作業効率を比較した場合、室温25℃では83.2%、27.5℃では

79.2%とされています。(出典:オフィスの温熱環境が作業効率及び電力消費量に与える総合的な影響)

 

更に、換気量が少ない部屋と多い部屋を比較した場合、換気量が多い程学習効率が高くなっていると言われています。


(出典:現地実測による温熱・空気環境の質が学習効率に及ぼす影響の検討)

 

それなら窓を開けたり、換気扇をガンガン回したりすればいいんじゃない?と想像しがちですが、



窓を開けっ放しに出来ない冬に換気扇を回しすぎれば暖めた熱を外に捨ててしまう事になります。


そうなると、結局、暖房エネルギーが必要になり、エネルギーの無駄遣い、CO2排出増大につながります。

 

 

だからこそ「高気密高断熱」。家中の隙間を可能な限り少なくしているので余計な排気が無く計画的な換気を行え、必要最小限の

排気で換金をするように計算が出来ているので、質の高い学習環境が整えやすいと言えますね。

 

 

ARCHも高気密高断熱のお家をご提供していただいていますが、今回、教育という観点からも高気密高断熱が必要という事を知りました。

 

これからも色んな目線から、より安全で安心できる快適なお家を提供していければと思います。

 

それでは本日も素敵な一日をお過ごしください。

 

イメージナビがSDGsブランディングのビジュアル表現を支援する「SDGs 世界を変えるための17の目標イメージ特集」を開設|イメージナビ株式会社のプレスリリース

 

 

 

Umemura

書いた人

Umemura

家づくりアドバイザー
住宅ローンアドバイザーの資格取得に向け勉強中
趣味はダーツ・ゴルフ・カラオケ

読み物一覧へ