Blog

スタッフブログ

土地にあったプランでずっと居心地良い住まいに。

注文住宅の家づくりは、目の前に形あるものがないので、どんな感じに出来上がるかなと期待と不安が入り混じる感覚だと思います。
 
初めて形として見るのは、【プラン(間取り)】ではないでしょうか?
会社決める手段として、プランを書いて欲しいと仰る方がおられますし。
その【プラン(間取り)】ですが、とてもとても重要です。
 
もちろん、自分たちの要望(家事同線・収納が沢山・書斎が欲しい・ファミリークローゼットが欲しい…)が反映出来ているかも大事なのですが…、その要望が反映したプランで快適にそしてずっと居心地よく暮らしていく検討が出来ているかどうかが重要なポイントになります。
 
まず、家は土地の上に建ちます。
その場所は変わらないし、変えられない。
ただし、周辺の環境は変わります。
例えば、現在隣が駐車場であっても、数十年後は家が建つかもしれない。
新規分譲地でまだ隣も後ろの土地も空いてる状態で自分の家を先に建てたら、まわりには何もないので、日は沢山入ってきます。
でも、周りに家が建ち始めたら隣の家の影になり、昼間でも電気をつけないといけなくなったなど…。
 
紙に描かれたプランだけで決めるのではなく、長い目で見たプランを今しっかり検討していかないといけません。
 
一生の家づくりで皆さん、会社選びや予算ではすごく慎重になられているのに、【プラン(間取り)】は、要望や夢がちゃんとはいってるかどうかだけで、判断されていませんか。
 
その土地にあった【プラン(間取り)】を住宅会社さんからご提案してもらわないと、住んでから後悔してしまいます。
 
土地は一つとして同じものはありません。
という事は、【プラン(間取り)】も同じものはないんです。
そしてそのプランの中でずっと暮らして行くんです。
 
だからこそ、皆さんの大事な【プラン(間取り)】。
よくよく考えてくださいね!
 

 
 
 
 
 

Matsui

書いた人

Matsui

家づくりアドバイザー
FPの資格を生かした資金計画のアドバイスが得意
プライベートでは成人した娘と息子を持つ母

読み物一覧へ