Blog

スタッフブログ

気密測定を行いました

先日、守山市で建築中のお家で気密測定を行いました。
 

気密測定は、そのお家の気密性能がどれだけかを確認するためのものです。

この気密性能はC値という値で示され、この数値が低いほど気密性能が高いと言われています。

 

C値は(家全体の隙間合計面積÷建物の延床面積)で算出されます。またC値の単位は㎠/㎡で表されます。

一般的には1.0㎠/㎡以下の値を高気密住宅と呼ぶことが多いです。

この隙間が少ないことで、無駄な隙間風や湿気の流入を防ぐことができるので断熱性能の確保に大きく関わります。

 


この機械でおうちの中の空気を強制的に外へ出します。

そうすることで他に隙間がある箇所から空気が入ってくるという仕組みです。

 

 

 

 

結果は0.1㎠/㎡でした!

とても良い結果で一安心です。

 


このように良い数値を出すには、大工さん・電気業者さん・設備業者さんなど様々な職人さんの協力と技術が必要不可欠です。

みなさんもお家づくりの一つの参考にしていただけたらと思います。

 

 

引き続き、良いお家になるように頑張って工事を進めてまいります!

ARCH

書いた人

ARCH

滋賀県東近江市にある工務店 ARCH
高性能高機能な家づくりを行っています

読み物一覧へ