Blog

スタッフブログ

本物の「高性能住宅」を建てるには。

 

高性能住宅(気密・断熱・耐震・耐久)が家づくりの要望やこだわりに優先される方がここ数年増えて来ました。

それと同様に気密・断熱・耐震・耐久が出来るという住宅会社も増えて来ました。

 

しかし、「(高性能住宅)出来ますか?」「はい出来ますよ」と誰でも簡単に高性能住宅が出来る訳ではありません。

性能のいいサッシや断熱材、設備を使用すれば高性能な家になる。という訳でもありません。

新築時だけ良くてもダメで、住まい続けていく中でも維持し続けなければなりません。

 

例えば断熱性能を表すUA値は計算で算出されます。

が、その数値を現実にしようとすると入念な配置計画(等時間日影図での検討)や現場の施工技術が必須になります。

数値だけで判断しないようにしてください。

気密性能を表すC値は現場での実測です。

「全棟実施しているか?」を必ず確認してください。

【気密測定】全棟必須を当たり前に

全て現場での施工技術が完成した家がみなさんが望んでいる高性能な家になるんです。

 

 

例えば、プロの料理人は高級食材を素材を生かしつつ、最高の料理に仕上げます。

私のような普通の主婦ではせっかくの高級食材も生かしきれません。

プロというのはその道をとことん追求するために学び、試行錯誤し、そして研究し、技術を磨き、やっとお客様にご提供できるものを完成するものだと思います。

 

高性能住宅もそれと同じです。

ましてやお客様は一生に一度の家づくりです。

失敗は許されません。

だからこそ、安心して任せる会社に高性能住宅を依頼し、快適な空間でより良い暮らしを過ごしていただきたいと感じます。

 

ARCHは設立当初から「高性能住宅」しか、建てていません。

「高性能住宅」を建てたいと言う訳ではなく、お客様が建てられたお家で快適にそして安全に、無駄なお金を使わず、安心して過ごせる家が「高性能住宅」だからです。

 

そして、スタッフも協力業者さんも「高性能住宅」のプロです。

お客様のお家で試すことが出来ないので、設立前に弊社代表の自邸やARCHモデルハウスをそれまで学んだことや研究したことを実施して、検証してそして皆様にご提案させて頂いています。

 

ぜひ現場で高性能住宅の中身をみてください。

構造セミナー&現場見学会

 

そして実際住まわれているオーナー様のお声も直接お聞きください。

「千僧供の家」住まい見学会

 

弊社設計の一級建築士河原林の自邸の見学会も開催します。

エアコン一台で家のあたたかさを体感出来ます!

「小堀の家」あたたかさ体験会

 

 

Matsui

書いた人

Matsui

家づくりアドバイザー
FPの資格を生かした資金計画のアドバイスが得意
プライベートでは成人した娘と息子を持つ母

ブログ一覧へ