Report

建築現場レポート

大津市「真野の家 リフォーム」外部解体~外部付加断熱工事まで

大津市「真野の家」のリフォーム工事が始まりました。

本物件は断熱改修工事もあり、改修前のUa値1.48から改修後にUa値0.42のHEAT20・G1まで引き上げる計画をしています。

サッシも日射取得面以外は大幅になくし、アルミサッシから樹脂サッシのトリプルガラスに変更します。

 

 

 

 

まず屋根工事!!

既存のカラーベストを残したままカバー工法(ガルテクト)を採用しました。

 

 

 

 

その次はサッシの解体です。

解体した後の開口部分に新しい壁を作って、防水シートで防水処理します。

 

 

 

 

この写真は古いサッシから新しいサッシに入れ替えした時のものです。

サッシ廻りの防水処理方法は新築時と同じ方法です。

 

 

 

 

サッシ入れ替えした後は外壁にEPS断熱材を張っていきます。

今回既存の外壁に通気層がなかったので、解体せずにそのままカバーしていきます。

仕上げるのが楽しみです!!

次は内部状況をレポートします。

ブログ一覧へ