Report

建築現場レポート

小田苅の家|断熱材が入り始めました

屋根の工事が進み、ここから吹き込み断熱をしていきます。

 

壁の部分には袋から出したグラスウール を直接詰めていきます。

直に入れることで、隙間までしっかりと入れ込むことができ、断熱性能をアップさせます。

また、隙間があると経年劣化で断熱材が下に偏ってしまうのですが、隅々まで入れておけばそんな心配もありません。

 

断熱工事は完成後にメンテンスできないので(やるとすれば大掛かりなリフォームになる)、施行中にしっかりやることが大切です。

 

読み物一覧へ