Report

建築現場レポート

野洲の家3|着工~基礎まで

着工しました!

まずは基礎工事から。

 

上記の作業は基礎の下地作りです。

このあと配筋を並べて型枠を組みコンクリートを流し込むのですが、そのまえに地面を平らにならす作業です。

 

配筋を並べました!

ピッチが合っているか計測して確認します。

 

耐震等級3の配筋なので、鉄筋の量が多いです。

これだけ頑丈な基礎がないと、日本の地震には耐えられません。

工事がスタートしたばかりですが、「地震に強い家」が基礎から始まっていることがわかると思います。

 

耐震ダンパーを後付けしたところで、家の耐震性能はそんなに上がりません。

根っこが強くないと木が倒れるのと同じです。

 

 

配筋のあとは基礎コンクリートの打設に入ります。

ご覧のような型枠を組み、コンクリートを流し込んで、ムラにならないように手作業でならしていきます。

 

そして、コンクリートが乾いたら枠を外します。

配筋の立ち上がりがズレていないかチェック。

読み物一覧へ