Report

建築現場レポート

佐野の家5|バルコニー笠木

バルコニーの笠木施工をしました。

笠木(かさぎ)というのは、壁の上にかぶせる屋根みたいなものです。

 

単に乗っかっているだけに見えますが、笠木は防水の役割を持っています。

笠木の防水が不足していて、壁の中に雨水が侵入してしまうと、バルコニーの壁が腐ります。

木造の場合は気が腐り、鉄筋コンクリートの場合は錆びます。

 

いずれにしても、防水をしておかないと劣化の原因になります。

 

当社では、通気層を設け、防水テープで塞ぎ、そのうえに笠木をかぶせます。

読み物一覧へ