Report

建築現場レポート

建築日誌|野洲の家(2019年完成)

2019/3/23

完成後の気密測定をしました。

ARCHでは建築中と完成後の2回、気密測定測定を行います。

その理由は、建築中の測定結果が悪ければ施工の是正ができるからです。

完成してから悪い結果が出ても、すでに壁があって直すことができません。

だから気密測定は2回行う必要があります。

 

気密測定を行うときは、換気扇など、屋外の空気が出入りする部分をテープで密封します。

この大きなタコ壺みたいなものが測定機械です。

測定結果は0.3㎠/㎡でした。とても良好な結果です。

 

2019/1/21

フリーリングの施工です。床の仕上げですね。

 

2019/1/14

軒天の下地完了です。この上からカバーするように軒天ボードを取付けて完成です。

 

2019/1/7

断熱材が入りました。


外構工事の打ち合わせは近江八幡のモダン工房さんで♪

おしゃれなオフィスです。


窓サッシの周りの防水シート施工完了!

このテープはめちゃくちゃ粘着力の強い建築用テープです。

雨水や湿気はどんな隙間でも侵入してくるので、徹底的に隙間をなくす施工が大事!


前回の打ち合わせで決めた電気配線。

その図面をもとに配線工事をしました。


電気配線の現場確認をしました。

コンセントやスイッチパネルの位置を決める打ち合わせです。

あらかじめ図面上で決めてはいるのですが、正確な場所は現場で決定していきます。

好きな位置に決められるので、ご家族が使いやすい場所に設置されると良いですよ~^^

 


上棟いたしました。

施主様のご家族もお越し頂き、上棟の様子を楽しくご覧いただきました。

上棟の日は、大工さんたちのお弁当の用意や、お神酒や手形式など、施主様にもやって頂くことが沢山あります。

このようなことも一生に一度の思い出なので、ぜひ楽しんで頂きたいです^^

 

 


 

型を外すと、こんなにきれいな基礎が出来上がります。

 


 

基礎の中の鉄筋を配筋しました。

この鉄筋が全部基礎の中に埋まります。

ただのコンクリートのように見えて、中にはこんなにたくさんの骨組みがあるんですね。

 


 

基礎をつくるため地面を掘削していきます。

この作業のことを「掘り方(ほりがた)」と言います。

 


 

地鎮祭をさせて頂きました。

読み物一覧へ