2017年8月24日

東近江市『佐野町の家』完成見学会レポート

  • ARCH
  • 書いた人/ARCH
  • スタッフブログ

東近江市『佐野町の家』の完成見学会が終了しました。

気温30℃を超える真夏日となりましたが、室内温度は25℃を保っておりました。

暑すぎず寒すぎず、住まい手の健康を損なわない快適温度です。

ARCHが考える“居心地のいい住まい”の快適さを体感して頂けたと思います^^

 

 

 

 

さて、そんな『佐野町の家』の素敵ポイントを少しご紹介します♪

まずはリビング。

 

 

吹き抜けから光を取り入れることでリビング全体を明るく。

とはいえ、夏の太陽光はかなり強い光。

太陽光は室内温度をぐんぐん上げてしまうため、日差しをカットする必要があります。

そこで、ARCHがおすすめしているのはアウターシェードです。

アウターシェードとは、窓の外側に設置するロールスクリーンのようなもの。

 

アウターシェードなし

アウターシェードあり

 

これで約60~80%の日差しをカットすることができます。

これがあるだけで室内温度はかなり変わりますよ。

 

お次は、リビングの脇にある大工さん手作りの造作カウンターです。

パソコン作業ができるよう、テーブルにAVコード用の穴を開けてあります。

 

 

大工さんの手作り家具はほかにもあります。

こちらは床置きエアコンのカバー。

「エアコンがむき出しだと、生活感があって嫌だな…」という方にオススメです。

ちょっとしたところに自然素材をつかった造作家具があると、ほっとしますね。

 

 

そして、来場者に好評だったのがこちらのガレージです。

 

 

玄関をガレージ内に配置したことで、雨の日も雪の日も濡れることなく室内に入ることができます。

雨や雪の日に感じる「濡れたくない、外に出たくない」というストレス。

このガレージが解消してくれます。

スタッフも「この玄関いいな~」とお気に入りのポイントです。

 

いかがでしたか?

他にもご紹介したいところがありますが、お家の施工事例は後日アップいたします。

ぜひご覧ください♪