2019年11月9日

高断熱住宅=「暖房器具がいらない」は間違い。暖房器具は必要です。

  • ARCH広報部
  • 書いた人/ARCH広報部
  • スタッフブログ

 

「弊社はパッシブデザインの家なので、冬も暖房なしで暖かいですよ」

なんていう営業トークを聞いたことはありませんか?

それはウソです。

 

いくらパッシブデザインにして、太陽光を取り入れる設計をしたとしても、暖房器具は必要です。

高断熱住宅=「暖房器具がいらない」は間違いなので、勘違いしないようにご注意ください。

高断熱のパッシブハウスでも暖房器具は必要です。

 

高性能住宅で選ぶべき暖房器具は?

 

暖房器具として思い浮かぶのは下記のようなものだと思います。

 

●石油ストーブ

●薪ストーブ

●オイルヒーター

●こたつ

●エアコン

 

暖房器具を選ぶポイントは、「エネルギー消費量が少なく、暖房費が安く済むもの」を選ぶことです。

 

エネルギー消費量とは、一次エネルギー消費量で評価します。

家庭に供給される電気やガスをつくるときに必要な、石油や天然ガスなどの化石燃料資源の消費量のことです。

 

こういった資源を削減することが省エネの目的です。

ちなみに、省エネの目的を端的に言うと「いつ資源がなくなるか分からないから節約しよう」という感じです。

 

というわけで、結論。

これからの時代に選ぶべき暖房器具は「エアコン」がベストです。

 

他の器具がダメな理由は下記のとおりです。

エコの観点で見ると薪ストーブは一次エネルギー消費量が少なく、環境にやさしいので省エネには貢献します。

しかし、薪の価格が高く、個人が負担する暖房費がかなりかかります。

石油ストーブはそもそも気密性の高い高性能住宅ではタブーです。

オイルヒーターは消費電力が高くてコスパが悪いのでNGですね。

 

消去法で選んだように見えますが、エアコンはかなり優れた器具です。

一次エネルギー消費量が少なく、暖房費が安く、器具代も安いのがエアコンです。

 

エアコンは暖房だけでなく冷房にも併用できるので、費用対効果も抜群。

買換えも10年ごろが目安で、各種ストーブに比べて長持ちします。

 

 

エアコンは足元が暖まらない?

 

エアコンで暖房というと、「足元が暖まらないし、不快に感じるから嫌!」なんて思う方がいると思います。

断熱気密性の低いお家や、アパートなどでは、そう感じるのもおかしくありません。

 

暖かい空気は上昇するので、エアコンを付けると暖気が天井に溜まってしまいます。

さらに、窓や配管の隙間から外の空気が入ってくるので、いつまで経っても部屋が暖まらないという現象が起きるからです。

 

しかし、高気密高断熱のお家なら、そんなことは起こりません。

気密性が高い=空気の循環がしやすい環境になるので、エアコンを付けるだけで足元までちゃんと暖まります。

 

さらに無垢フローリングを使っていれば、床がひんやりしないので、床暖房がなくても快適に過ごせます。

ちなみに、30坪くらいのお家であれば、6畳の家庭用エアコン1台だけで十分に暖まります。

 

まとめ

 

今日のお話をまとめます。

 

●パッシブデザインの高気密高断熱住宅でも、暖房器具は必要

●暖房器具はエアコンが最高にコスパがいい

●暖房だけでなく冷房にも併用できるので、費用対効果も抜群

●高気密高断熱住宅なら、エアコンだけで十分に暖房できる

 

これは、新築でもリフォームでも当てはまります。

断熱リフォームをする際も、できるだけ断熱性と気密性をアップして、エアコンだけで冷暖房できるようにすると、長期的な電気代削減につながりますよ。