Blog

スタッフブログ

【掃除】カビやダニの温床に!?|カーテンを洗ってお部屋の空気をキレイに


 
お部屋の掃除で見落としがちなのが「カーテン周辺」です。
みなさん、カーテンを洗濯したり、レールをお掃除していますか?
 
足元に落ちているホコリは気になりますが、カーテンレールの上や布についたホコリは見落としがちです。
放っておくとダニの温床やカビの原因になりますので、定期的にきれいにしましょう。
 
 

見落としがちなカーテンレールの汚れ


 
わが家のカーテンレールです。
3ヶ月くらい前に掃除したのですが、けっこうホコリが溜まっています。
息を吹きかけるとホコリが飛び散りそうなくらいあります。
 
窓を開けたりカーテンを閉めたりしているうちに、空気中にホコリが舞い散っている可能性が高いです。
ここ最近まで毎日エアコンを付けていたので、ホコリが拡散していたかと思うとゾッとします。
こまめに掃除しないとダメですね…。
 
 

窓に近いカーテンはカビの温床


 
高気密高断熱の家で樹脂サッシ窓の場合、窓の結露はほとんどありません。
(ですのでARCHのオーナー様宅は大丈夫です)
ですが、そうでないお家にお住まいの場合、窓が結露することがあります。
 
結露した水は自然に蒸発するのですが、そのときに水分がカーテンに吸収されてしまいます。
湿った布はカビやダニの大好物。
日が当たりにくい冬、じめじめする梅雨の時期なんかは、一気に増速する可能性があります。
 
 

カーテン洗濯の頻度はどれくらい?


こちらのサイトにカーテンのお手入れについて書かれています。
 
▶カーテンのお手入れ方法(引用:リリカラ)
 
カーテンメーカーのリリカラさんによると「ドレープは年に1回、レースカーテンは年に2~3回が目安」とのこと。
個人的には、年に1回って少ないと思うのですが…。
あまり頻繁に洗濯すると生地が傷んでしまうかもしれないから…ということでしょうか。
わが家はそんなにお高いカーテンではないので、月に1回くらい洗濯するようにしています(笑)
 
特にリビングのカーテンには匂いが付きやすいので、天気のいい日をねらって朝から洗濯機を回します。
1日干しておけば乾くので、そんなに面倒ではありません。
 
 

晴れた日はカーテン洗濯に最適!GW中に洗濯しよう

 
今年のゴールデンウィークはどこにも行かず、お家で過ごす方も多いと思います。
天気予報を見ていると晴れる日が多いようなので、絶好の洗濯日和!
 
洗いたてのカーテンは洗剤のいい香りがして気分も爽やかになりますよ。
ぜひやってみてくださいね。

ARCH

書いた人

ARCH

滋賀県東近江市にある工務店 ARCH
高性能高機能な家づくりを行っています

読み物一覧へ