2020年5月16日

強粘着テープでクロスが剥がれる?!【やりがちな失敗】

  • 小嶋
  • 書いた人/小嶋
  • スタッフブログ

 

壁に貼り付けるフックを使う場合、クロスの剥離に注意してください。

クロス(壁紙)はその名の通り「紙」のように薄いものです。

紙製、ビニール製など素材はいろいろありますが、ほとんどが0.5~1mm程度の薄い素材です。

 

下地のボードに糊で張り付けてあるだけなので、強い力が加わると剥がれてしまいます。

特に下記のような強粘着テープで止めるタイプのフックに要注意です。

 

 

実際の壁紙でやると補修が大変なので…。

弊社の事務所にあるカラーボックスで実験しました。

 

 

鍵のような軽いものなら、そんなに負担はかかりません。

ただし、電子キーや家の鍵がたくさんついている鍵をかけておくと、だんだんとクロスが剥がれてきて最後にはべりッといってしまうかもしれません。

 

上の写真は重いものを掛けていたせいでクロスが剥がれたフックです。

粘着テープが強力なのでクロスごと持っていかれた感じです。

 

こうなってしまうとクロスを張り替えるしかありません。

クロスの貼り替えは可能ですが、周りの部分と色や模様が変わってしまい違和感が残ります。

 

壁面収納は便利ですが、クロスのある部分につけるなら下地のボードに穴を開けてしっかりと固定することをオススメします。

とはいえ、ねじ穴が浅いと抜ける可能性があるため、掃除機などの重いものを吊るすのはおすすめしません。

 

壁に吊るす収納は便利なのですが、いちおう「剥がれないか」「ねじが抜けないか」ということに注意してくださいね。