Blog

スタッフブログ

【害虫対策】新築入居前のバルサンは必要ありません

燻煙式殺虫剤には「防虫効果」はない

 
新しい家への入居前にバルサンなどの殺虫剤を焚く方がいます。
中古住宅や賃貸への入居なら効果的ですが、新築の場合は必要ありません。
 
なぜなら、建てたばかりの家にダニやゴキブリはまだ居ないからです。
新築の家に「殺虫剤」をまき散らすことは意味がないのです。
 
煙・霧タイプの殺虫剤は「殺虫効果」はあっても「防虫効果」はありません。
つまり、外部から侵入してくる虫に対しては効果が無いので、新築の入居前に散布してもダメです。
 
調べてみたところ、アース製薬の「虫コロリノンスモーク霧タイプ」は防虫効果があるようですが、たったの一カ月です。
 
アース製薬「虫コロリノンスモーク霧タイプ」
・家の中のあらゆる害虫を駆除し、バリア効果でとなりの害虫もよせつけません。
・侵入防止効果は約一カ月続きます。
 
煙・霧タイプの殺虫剤を散布するときは、家具や食器に薬剤が付かないようにカバーしなくてはいけません。
面倒なわりに効果の持続性はたった一ヶ月。
月に1回散布するのは面倒くさいですよね。
 
 
 

害虫対策は置くタイプの殺虫剤が効果的

 
市場に出回っている害虫対策の商品にまったく効果がないかというと、そうではありません。
 
入居してからの害虫対策として有効なのは、置くタイプの殺虫剤です。
ゴキブリやムカデ専用の殺虫剤があるので、用途によって使い分けるといいでしょう。
 
 

 
置くタイプの殺虫剤は、外部から侵入した害虫が食べる→巣に持ち帰ることで効果のあるものです。
効果が途切れないように、覚えやすい日に設置するとよいと思います。
5月に入居した場合「翌年の5月になったら交換する」としておくと覚えやすいですね。
 
 

Kojima

書いた人

Kojima

広報・販促など色々手掛けるARCHの裏方
高性能住宅を日本のスタンダードにするのが夢
食べることが好きな健康オタク

ブログ一覧へ