Blog

スタッフブログ

不動産取得税の納税証明書が来てビックリする!


土地購入された方は、土地決済をして3~4カ月後ぐらいに、不動産取得税の納税証明書が届きます。

「不動産取得税っていう納税通知書が来たんですがどうしたらいいですか?」

と、ご連絡を頂くことが多々あります。
 
 
お客様には土地購入時に「不動産取得税」のお話はお伝えしておりますが、月日が経つと忘れてしまい納付書の金額見てビックリされます。
(前に聞いた税金の事かぁ~となんとなく思い出してくれるかたも笑)
 

不動産取得税とは?

 
不動産を取得した時に課せられる税金です。毎年かかる固定資産税とは異なり、取得した時に1度だけかかる税金です。
土地を購入し、住宅を建てた場合は土地に対しての不動産取得税、住宅に対しての不動産取得税をそれぞれ納付しないといけません。
 
 
 

軽減措置を受けるには申告が必要

家を建てるために購入した土地、住宅には軽減措置があります。
ですから土地の不動産取得税の納付書が来たら、それと一緒にリーフレットも同封されていますので必要書類を集めて県税事務所で申請手続きを行えば軽減(減額)してくれます。
 
もちろん、申請手続きをせずに全額払ってしまった場合でも、あとから申請して払いすぎた分は返って来ますので安心を!
 
そして住宅が完成してから、また忘れたころに住宅の不動産取得税の納付書が来ますが、すでに軽減措置の計算後の納付額に
なっていますのでそのまま納付しても大丈夫です!
 
 

家が完成してからも必要なお金の事も知っておきましょう

家づくりのお金は家を建てるお金だけではありません。
不動産取得税、固定資産などの税金や光熱費、メンテナンス費など家に関係するお金はずっと必要です。
事前に知ることで住んでからも安心ですよね!
 
 

Matsui

書いた人

Matsui

家づくりアドバイザー
FPの資格を生かした資金計画のアドバイスが得意
プライベートでは成人した娘と息子を持つ母

読み物一覧へ