Blog

スタッフブログ

日射遮蔽の大切さ

今日の外気温は予報では36℃。
体感温度は40℃以上になっているはずです。
どれだけ冷房をフル稼働させても涼しくならない。
そんなことはありませんか?
 
特に直射日光を受ける窓なんかは最悪です。
いくらガラスの性能が良くても熱は入ってきてしまいます。
カーテンを閉めても一度入った熱はどうにもなりません。
 
日本では昔から葦簀が使われてきました。
窓の外で熱を防ぐ。これが一番シンプルで最も効果的な方法です。
 
ARCHでは窓の外にアウターシェードという洋風のすだれをつけて
日射遮蔽をします。
どれぐらいの効果があるのかというと。
 

これが南面の窓。アウターシェードを閉めていない状態。
ガラスの表面温度が約36℃です。外気温とほぼ同じですね。
 

そしてこれが隣の窓。アウターシェードを閉めています。
表面温度は約28℃。この時のエアコン設定が26℃です。
 
約8度の差がありました。ちょっとびっくりです。
これだけ差があると冷房が効きにくい理由がよくわかりますね。
 
もちろん葦簀やグリーンカーテンなども効果的です。
でも熱い時期に台風が来るので、開け閉めの簡単な
アウターシェードは一番のおすすめです。
 
今お住まいのお家にも簡単に取付できますので
お悩みの方は考えてみてはいかがでしょうか?
 

Kawaharabayashi

書いた人

Kawaharabayashi

一級建築士、ロンドン留学経験あり
多くの人に高性能住宅の良さを伝えたい
自宅を建ててからお家キャンプにはまっている

読み物一覧へ