Blog

スタッフブログ

土鍋でご飯!

先日、我が家の炊飯器が壊れました。
炊飯器を買い替えようと色々ネットで探していましたが、なんか必要性を感じなく購入を迷っていました。
 
 
冷蔵庫や洗濯機、エアコンなどの電化製品は今の生活に必要不可欠ですが、今の私は毎日ご飯を炊くこともなくなり、炊飯器なくても生活出来るし、何しろ見た目が好きではなかった。
 
ただ、たまには白米も食べたいしなーと考えていたら、「土鍋でご飯を炊く」というブログを見つけ、これだ!と思い、土鍋を購入することにしました。
 
 
土鍋と言っても色々デザインがあり、置いておくだけでインテリアの要素に。
そして簡単に使えるようになっていました。
使い始めの目止め処理も不要ですし、水位目盛りも付いてるから、水加減も考えなくていい。
 
 
今回、私が購入した土鍋がこちら。

ご飯はもちろん、煮込み料理にも使え、このまま電子レンジに入れて温めることも出来る。
届いたその日にさっそく炊いて見ることに。
 
 
 
お米を洗い、30分水につけて、蓋をして中火にかける。
蒸気が見えたら火を止めて、20分蒸らす。
これで出来上がり!
 

 
写真がいまいちですが、出来上がりはふっくらでめちゃくちゃ美味しいです。
漬物とお味噌汁だけで十分で、おかずいりません(笑)
残ったご飯は冷凍しましたが、レンジで温め直してもふっくら感はそのままで炊立てのままです。
 
 
 
楽しくなり、次の日は山菜炊き込みご飯も作りましたが、これまた美味しい!
(冷凍庫はご飯だらけ笑)

 
「土鍋」おすすめです。
しかし子育て世代の皆様は仕事や子育て、家事と忙しい方がほとんどだと思います。
日々の生活は炊飯器で、週末は土鍋でご飯を炊いて、子供たちと一緒に作るのもいいかもしれません。
 
 
 
私たちの子供のころは飯盒でご飯を炊いて食べたりした経験があると思いますが、今のお子さんはそんな経験少ないんではないでしょうか?
バーベキューとかで経験あるかな?
 
 
 
炊飯器より少しだけ手間は係るかもしれません。
でも少し手間がある分、素材がしっかり生かされる、そして愛着が沸いています、土鍋に(笑)
 
家づくりも、手間をかけている分、素材が生かされ、長く住み続けられ、愛着が沸く・・・一緒ですね!
 
 
 
 
 
 

Matsui

書いた人

Matsui

家づくりアドバイザー
FPの資格を生かした資金計画のアドバイスが得意
プライベートでは成人した娘と息子を持つ母

読み物一覧へ