Blog

スタッフブログ

ペチュニア

皆様こんにちは。

 

先ほど郵便局へ行ってきたのですが、日本郵便が150周年らしく、可愛らしいお花を頂きました。

赤色のペチュニアです。

 



 
ペチュニアの花言葉は「あなたと一緒なら心が安らぐ」「心のやすらぎ」です。


 
ちなみに赤色のペチュニアの花言葉も調べてみました。

 

「決してあきらめない」

情熱的な花色から、意志の強い花言葉になっているそうです。
 
 


郵便局で頂いたお花なのでここで郵便局についての豆知識です。

 

皆さんご存知の通り郵便マーク(〒)。

創業当時、郵便物を運ぶ馬車や人車は、赤が印象的な丸に一引きの郵便旗を掲げて街を走っていました。

これが当初の郵便事業を示すマークです。

 

その後明治18年(1885)、郵便や電信を管轄する通信省が設置され、明治20年(1887)通信省のマークとして現在もおなじみの〒のマークが徹章として制定される事となりました。

 

デザインを制作する際、当時の通信大臣であった榎元武楊に通信のローマ字の頭文字である「T」かカタカナの「テ」のどちらをデザインを採用するか仰いだそうです。

そこでカタカナの「テ」が採られたことから、〒のデザインが生まれたと言われています。
 
 

Maeda

書いた人

Maeda

事務・スタッフを支えるアシスタント
実は調理師免許を持っている料理のプロ
プライベートでは2児の母

読み物一覧へ