Blog

スタッフブログ

住宅の太陽光義務化が近い?

 

こんにちは。

アドバイザーの梅村です。

 

今日は、先月の小泉進次郎環境相のインタビューが【住宅の太陽光の義務化】を視野に入れていると言った内容でしたので、それについて投稿します。


 

先月16日の時事通信のインタビューで、政府の2030年度の温室効果ガス削減目標(現行は13年度比で26%減だそうです。)について「間違いなく今より強化されるのは目に見えている」と言い、引き上げの意欲を示されました。

 

その上で、目標達成で「一番のカギは再生可能エネルギーだ」と強調し、住宅への太陽光パネル設置義務化を「視野に入れて考えるべきだ」と訴えられました。

 

 

 

再生エネルギーの国内への導入の見通しについて、小泉環境相は約10年後を見据え、「技術革新の果実が生まれコストもより安くなり、ぐっと再生エネが入る時期が間違いなく来る」と指摘。

 

30年以降に再生エネルギーの活用が本格的に進展し、温室ガス削減が加速するとの見方を示されました。

 

また、当面の取り組みについては「30年までの間にいかに太陽光を入れられるかが最重要」と説明されました。

 

 

こういった環境相の発言を聞くと、住宅への太陽光義務化が実現される日は本当に近くなってくるのかもしれませんね。

今後どのように進んでいくのか注目して見ていきます。


 

もう既に見てくださっている方が多いかとは思いますが、当社のHPがリニューアルされました。

HPの中の「省エネと快適性」に当社が採用している太陽光も載っていますので、是非ご覧ください。

Umemura

書いた人

Umemura

家づくりアドバイザー
住宅ローンアドバイザーの資格取得に向け勉強中
趣味はダーツ・ゴルフ・カラオケ

読み物一覧へ