Blog

スタッフブログ

コストで考える玄関収納の広さ

ここ最近、収納力バツグンの広い玄関収納が人気です。

ご要望されるのは「ベビーカーやゴルフバッグ、キャンプ用品などを収納したい」という方です。

当社でも1坪〜2坪もある広めの玄関収納を作った事例がいくつかあります。

 

そこで今日は、玄関収納をコスト面から考えてご提案したいと思います。

 

 

玄関収納を作るためのコスト

当社は注文住宅なので、基本的には「坪単価」という基準で計算するのは好きではないのですが、分かりやすくするために敢えて坪単価を用いて説明します。

当社の坪単価は65万円〜なので、仮に0.5坪(1畳)の玄関収納を作るとすると、その収納スペースは 32.5万円、1坪(2畳)なら65万円です。

 

 

この金額を高いと見るか、妥当と見るか?

 

例えば、下記のような外付けタイプの物置だと8万円〜10万円前後で購入できます。

同じ0.5坪(1畳)でもかなり安く抑えることができます。

最近の物置は耐久性も高く、雨水や埃の侵入もかなり抑えられているようです。

もちろん安心の鍵付きです。

 

 

 

敷地に余裕があり室外に物置を設置できるスペースがあるなら、検討する余地があるのではないでしょうか?

ゴルフバッグやキャンプ用品などは重いし、汚れていることもありますよね。

駐車場の近くに物置があれば、収納しやすいし玄関も汚れません。

車のタイヤも一緒に収納できます。

 

こんなふうに考えてはいかがでしょうか?

頻繁に出し入れするものは玄関収納に。

年に数回しか使わないものは外の物置に。

 

そうやって考えると、広い玄関収納が必要かどうか見えてくるはずです。

 

 

 

高性能住宅なら収納より居室を優先するのがおすすめ

当社が手がける家は、住む人が快適に暮らせるように温熱環境を良くした住まいです。

ですので、せっかく快適な家を建てるなら、収納スペースに坪数を割くよりも、居住スペースを広くした方がいいと考えます。

 

もちろん、最終的にはオーナー様の決めることです。

収納は必要ですし、適材適所に設けるべきだと思います。

 

玄関だけでなく、その他の収納にも同じことが言えます。

「大は小を兼ねる」とは言いますが「何を入れるか分からないけど、とりあえず広めにしておこう」と決めたその収納は本当に必要でしょうか?

 

収納スペースはタダではありません。

先に述べた坪単価を参考に、本当にお金をかけてまで作る必要があるスペースなのか検討することをおすすめします。

Kojima

書いた人

Kojima

広報・販促など色々手掛けるARCHの裏方
高性能住宅を日本のスタンダードにするのが夢
食べることが好きな健康オタク

読み物一覧へ