Blog

スタッフブログ

家づくりの費用を抑えるにはどうすればいいの?

家づくりのイニシャルコスト(家を建てる時の金額)で会社選びであったり、性能やデザインを決定する方が多いと思います。
 
 
そしてイニシャルコストだけを家づくりの相場の価格だと思いこんでしまっているのではないでしょうか?
 
安心して新しい家で暮らしたいと思い、ローンの支払いを少しでも安くしたいと考えて家づくりをしている方が多いと思います。
 
しかし、実際新しい家に住んでいくと光熱費やメンテナンス費が住み続ける程、費用がかかります。
ローンの支払いを抑えて家づくりをしたはずなのに、それ以外の費用が思いのほか掛かってしまい、節約生活をしていかないといけないはめになったり・・・、光熱費を抑えるために暑い、寒いを我慢して生活しないといけなくなったり・・・。
 
だったら、家づくりの際にイニシャルコスト・ランニングコスト・メンテナンスコストをトータルで考えて、せめて住宅ローンが終わる35年間でお金がかからない家づくりをする方が節約になりませんか。
 
「ARCH」の家はイニシャルコストが高いと他社さんから言われているようですが(お客様が言ってました)、ARCHの家づくりは住んでからのコストも考えて、そして快適に大切な家で暮らしていただけるように資金・性能・構造・デザイン・暮らしのすべてを考えてご提案しております。
 
家の事を知っているプロだからこそ、住んでからの事もお客様にお伝えしないと、ただ家を売っているだけになります。
ARCHは安心で安全で快適に暮らせるための「家」をご提案しています。
 
だからこそ、「家」はイニシャルコストだけで考えてはいけません。
「家」は、買ったら費用がかからない商品ではなく、住んでからも家に関する費用がかかってくる商品なので、長い目で見た家づくりの費用で検討してくださいね。
 

Matsui

書いた人

Matsui

家づくりアドバイザー
FPの資格を生かした資金計画のアドバイスが得意
プライベートでは成人した娘と息子を持つ母

読み物一覧へ