Blog

スタッフブログ

家具選び♪第一弾

こんにちは(^^)/

コーディネーターの横川です。

新生活や模様替え、新しく家具の新調をお考えの方必見!

インテリアファブリックは気軽に買い替えできますが、家具は長く使っていただくもの

なので、慎重に選びたいですよね。

そこで、家具選びの参考に家具のご紹介させていただきます。

本日のテーマはダイニングテーブルです。

ダイニングテーブルといえば長方形の四角いテーブルが一般的か思いますが、今回は

おしゃれで意外にメリットの多い、人気の丸テーブルについてをご紹介させていただき

ます。

 

 

まずは、丸テーブルのメリットです!

 

その① 部屋が柔らかい印象になる

丸テーブルのメリットは、丸みからくる柔らかい雰囲気です。

お家の中は部屋の形状やキッチンなどの住宅設備や家電も四角いものや直線的なものが

多く意外と丸いものが少ないです。

四角いテーブルは壁にくっ付けやすいですが、丸テーブルには直線がないので部屋

の真ん中に配置されやすいので、丸テーブルを置くと丸いシルエットが強調されるので、

より柔らかい雰囲気になります。

さらに、丸テーブルを中心にクルクル廻れる動線ができるのも便利です。

また、長方形や正方形のダイニングテーブルは小さなお子様にはテーブルの角に頭を

ぶつけたりと危険な面もありますが、丸テーブルは角が無いのでお子様にも安全な形状

となっています。

 

その② 丸テーブルは意外と場所を取らない

何となく広いスペースが必要な丸テーブルのイメージですが、実は丸テーブルは意外と

省スペースです。

特にコンパクトなLDKにする場合は、丸テーブルを使うと四角いダイニングテーブルと

比べて圧迫感が少なくなります。

また、丸テーブルが活躍するのが大人数で使うという場合。

例えば同じ6人掛けのテーブルでも、四角いテーブルだと6人ぴったりしか座れませんが

丸テーブルだ少し詰めれば1人や2人は座ることができるので、来客が多い家庭では

スツールなどの邪魔にならない簡易的椅子を用意しておくだけで柔軟に対応することが

できるのも大きな魅力です。

 

その③ 丸テーブルは会話がしやすい

丸テーブルではみんなの顔が見渡せるので、会話がしやすいという効果があります。

四角いテーブルだと離れた人の顔をみたり会話をするのは難しいですが、丸テーブル

だとお互いの顔が見えるので会話がしやすいです。

そのため家族のコミュニケーションが取りやすくなるのも丸テーブルの効果です。

また、どこからでも座わりやすいのも魅力です。

 

 

次にデメリットです。

丸テーブルのデメリットとしては、中華料理のように大皿を何人かで取り分ける場合は便利ですが

それぞれに料理を用意する場合は、テーブルが丸いため一人分のスペースが狭くなります。

そのため、丸テーブルを選ぶ際は実際に現物を見て、一人分のスペースはどれくらいのスペースに

なるかを確認しておくと良いでしょう。

丸テーブルはそれほど邪魔にならないので、丸テーブルを選ぶ際は少し大きめのサイズの丸テーブル

を選んでおくと安心です。

 

丸テーブルという選択肢があるという事を知らなかったという方もいらっしゃたかもしれません。

テーブルの大きさや形というのは、お家の間取りやインテリア、使い勝手によって合う、合わない

ということもありますが、四角だけでなく丸テーブルという選択肢があることを知っていただけると

より、家具選びの幅が広がり、家具選びが楽しくなると思います。

ぜひ、お家にライフスタイルにあった素敵なダイニングテーブルを選んでください♪

Yokogawa

書いた人

Yokogawa

読み物一覧へ