Blog

スタッフブログ

東近江市佐野の家で完了検査

昨日は、お客様の家の完了検査に行ってきました!建物が完成すると申請機関の検査を受けて合格しないとお引き渡しはできません。
建築確認申請通り建物ができあがってるか検査員さんがチェックに来られます。
完了検査の時期になると「いよいよお引き渡しがちかづいてきたな~」とうれしい気持ちになります。

お掃除も終わってとてもきれいに仕上がっています。
見学会前なので、ちらっとだけこちらのおうちで私がみつけた素敵な場所を紹介します。

リビングを入ると吹抜からの光が気持ちいいです。
ちょうどお昼前だったのですが窓から見える青空とその光が落とす陰影がとてもきれいでした☆
スリットの内窓も素敵です。

 

何度も打ち合わせを重ねこだわりを大事にした、思いのいっぱいつまったおうちが完成するのをお施主様も大変楽しみにされているのではないかと思います。
以前、私が上棟に参加したときは本当に木の軸組だったものが早いものでもう完成したんだな~としみじみ思います。
お引き渡しまでもう少しなので、引き渡し時にお施主様に喜んでいただけるようラストスパートです!

 

そして、検査にきた検査員さんから質問があったんですが「窓についてるこれって、日よけ?」と聞かれました。
そうなんです、ARCHでは夏の日射の遮蔽のために窓にはアウターシェードを採用しています。
冬の断熱も重要ですが、夏の暑い時期にしっかりと日射を遮蔽する事も省エネ住宅としては大事です。
特に日射は外部で防ぐ方が効果的で窓周りの遮蔽や庇等で対策するのが重要です。

窓上についてるこれです↑

「あ、そんな便利なやつあるんやな~、道路側だと人からも見えるから後付けの日よけだとちょっとじじくさいし、新築だからすっきりしててこれいいな~」とおっしゃっていました。
シャッター付きの窓にも採用できますし、網戸にして通風もとれますよ。と、少し宣伝しておきます 笑

 

ARCHのおうちはずっと長く住んでいただけるおうちです。
住んでからランニングコストがかからないよう、トータルコストでご提案しています。
建築時に高気密高断熱とパッシブデザインをしっかり取り入れることにより、後からお金がかかりにくい安心した丈夫な住まいをご提案します。
たくさんの情報が手に入る時代ですが、結局最後に判断するのは、自分自身になります。

 

ただ、住宅は商品が目に見えない高いものなので判断が難しいです。
そういった方はぜひ、ARCHに足を運んでください。安心いただける家づくりを一緒に考えましょう!

Yamashita

書いた人

Yamashita

ブログ一覧へ