Report

建築現場レポート

建築日誌|佐野の家2(2018年完成)

2018年1月着工

2018年8月竣工

 

 


オーナー様と一緒に完成後のチェックです。

気になるところを見つけたら、補修させて頂き、完璧な状態でお引渡しをさせて頂きます。


完成後の気密測定を行いました。

結果は0.31㎠/㎡でした。


電気屋さんによる電気工事。

スイッチを取り付けていきます。


 

室内ではクロス貼りの作業中でした。

天井もいい感じに貼れています。

クロスが白いと光を反射して明るい。

ここにはカウンターテーブルを造作したので、心地よく過ごしていただけるスペースになればいいなぁ。

 


 

外壁の仕上げ塗装です。

何層も下地を重ねた上に、仕上げ材を塗っていきます。

悩みに悩んで決めた外壁の色…。

どんな感じに仕上がるか、足場が取れるのが楽しみです!


屋根裏に御幣を上げました。

こちらはバルコニーの手すりを設置中。

こちらのお住まいのみどころ天井に無垢板を施工中!

やりすぎると肩や首が痛くなる大工さん泣かせの工程です。


 

外壁の仕上がりをチェックしました。

室内では大工さんが造作棚をつくっています。

だんだん仕上がってきました。

 


 

アクリル樹脂系接着強化塗材を塗っていきます。

これを塗ることで、下地と化粧地の密着性が高まり、外壁がはがれにくくなります。


 

壁の断熱材です。

↓の黄色いものはグラスウールです。

ARCHでは袋入りではなく、袋から出した状態で壁に詰めていきます。

そうすることで柱のすき間にも入れることができ、断熱材の効果を発揮できます。

 

↓は外の断熱です。

エコサームを採用して頂いたので、中と外で断熱でき、ダブルの断熱効果が期待できます。

エコサームは塗り壁なのですが、その下地に発泡スチロールのような断熱材を貼っていきます。

仕上げ一体型外張り断熱システムエコサーム(木造用)です。

 


 

屋根断熱の施工をしました。

屋根裏にまんべんなく断熱材を吹き込んでいきます。

断熱材が入っていないところがあると、そこから熱が通り抜けてしまうので、全体に行き渡るように注意します。

そのあと気密シートを貼って完成です。


 

気密測定結果は0.27㎠/㎡と良好な結果でした。



 

窓サッシ周辺の防水施工です。

サッシ回りも雨水の侵入が多い箇所です。

徹底的に防水します。


 

今日は電気関係の配線取り付けと…

バルコニーでは先行防水の施工をしました。

付け根の部分から雨水が侵入する恐れがあるので、防水シートで覆っていきます。

細かく施工することで、長持ちする家になります。


 

ホームリサーチさんの検査、そのあとはエアコンスリーブの取り付けをしました。


 

窓サッシの取り付けをしました。

サッシ部分は雨水の侵入が起こりやすい部分ですので、入念&丁寧に作業を行います。

まずは透湿防水シートを被せて気密テープを貼ります。

窓の下部は雨水が溜まりやすく、結露→カビの発生につながる恐れがあるので、さらに重点的に水きりシートを施工します。


 

今日は施主様にお越し頂き、電気チェックと手形式をさせていただきました。

電気チェックは、コンセントやスイッチの位置を細かく確認していく作業です。

キッチンや洗面所のコンセントは、置く予定の家具や家電の大きさを想定しながら「この辺にあるといいよね」という位置を決めていきます。

ここまで細かく決められるのは注文住宅ならではですね。


 

柱のすき間にコーキング材を注入して気密性をアップ!


 

野地板(のじいた)の施工中。

野地板とは、屋根材を支えるために張る板のことです。

野地板の「野」は目に「見えないところに用いる」という意味です。

屋根材を設置すると隠れてしまい見えなくなるので、「野」地板と呼ばれるそうです。


 

雨の中、上棟しました。

雨だけでなく風も強く、大工さんたちは大変だったと思います^^;


 

2018.3.12

シロアリ被害に遭いやすいつなぎ目部分は、念入りなシロアリ対策を。

 

シロアリは配管のわずかなすき間からも侵入するので、配管周りには塗るタイプの防蟻処理をします。

この部分は10年後に塗り直しが必要です。

 

先日完成した基礎の上に土台を据えていきます。

ここからは大工さんの出番!

次回はいよいよ上棟です。

 


 

基礎の中にも配管していきます。

 


 

基礎の出来型工事が完了しました。

弊社自慢の基礎です。仕上がりがきれいです。

 

基礎の周りに配管工事をしていきます。

 


 

防水シートと捨てコンクリートを打設しました。基礎の配筋も始まります。

 


 

堀り方(ほりがた)と言って、基礎をつくるために地盤を掘削する工程が終わりました。

ただ溝を掘っているだけではなく、「地中にゴミがないか」「地盤の堅さや地質に間違いがないか」を

確認しながら作業を進めています。

 


 

図面をもとに材料メーカーと打ち合わせ。

いくらいい性能になるように設計しても、それは計算でしかない。

お家の性能は実際に建ったときどうなのかが重要。

弊社が考えるお家を実現するために設計の意図を伝えます。

 


 

地鎮祭を執り行いました。朝のうちは曇り空でポツポツ降ったりやんだりしていましたが、祭事中に晴れてきて暖かくなりましたね。良い日になりました。

 


 

現地調査をしてきました。設計士自ら足を運びます。

読み物一覧へ