Blog

スタッフブログ

気密測定

先日、中間気密測定行いました。
気密測定は自主測定ではなく、第三者機関(日本住環境さん)にお願いしています。
 
 

 
 
測定方法は減圧法といい、バズーカーのようなもので部屋全体の空気を外に押し出します。
押し出すことにより床、壁、天井などからの漏気を探します。
 
 

 
 
 
配管、配線、ダクト等の貫通工事が完了した段階(中間気密測定)と、すべての作業工程が終了し引き渡し目前に最終気密測定(全棟計2回)を行います。
貫通工事を行う前に気密測定を行うところもあるみたいですが、ARCHはできるだけ完成時に近い状態で中間気密測定を行います。
中間気密測定で漏気をできるだけ止めておかないと最終の気密測定に大きく響きます。
 
 

 
 
今回の中間気密測定はC値0.12でした。
大工さんやその他の協力業者さんのおかげで素晴らしい数値が確保出来ました。
ARCHの家は全棟、協力業者さんに丁寧に施工していただいています。
今後もARCHスタッフ、協力業者さんと共に頑張っていきます。
 
 
 
 

Terasawa

書いた人

Terasawa

建築学科を卒業してから職人として現場を経験
建築士の資格取得に向けて勉強中
運動不足が気になるお年頃

読み物一覧へ