Blog

スタッフブログ

様々なスタイルをご紹介【洗面化粧台】

 

こんにちは。

最近は気温も下がり、過ごしやすくなってきましたね。

 

今回はARCHのオーナー様邸のおしゃれな【洗面化粧台 】をいくつかご紹介します。

 

【LIXIL】

こちらの洗面化粧台はLIXILの商品で、ARCHの標準仕様です。

横幅(間口)が750mmで、掃除がしやすいキレイアップというカウンターや水栓が採用されています。

 

【LIXIL】

こちらもLIXILで、「ルミシス / ベッセルタイプ」の洗面化粧台です。

ベッセルタイプは、木製カウンターと陶器製の洗面ボウルの組み合わせで、インテリア空間と調和します。

横幅(間口)が1,660mmあるため、ご夫婦やお子様と並んで使用しても余裕があります。

 

【アイカ工業×サンワカンパニー】

こちらはアイカ工業のアイカスタイリッシュカウンターとサンワカンパニーのミラーボックスを組み合わせた洗面化粧台です。

シームアンダーデザインで、天板とボウルの継ぎ目が目立たず日々のお手入れも簡単、スムーズにできます。

洗面化粧台とミラーボックスの間はタイル張りで、名古屋モザイク工業の「サルマ」です。

 

【LIXIL×サンワカンパニー×造作家具】

こちらはLIXILの商品と造作家具、サンワカンパニーのミラーボックスを組み合わせた洗面化粧台です。

洗面化粧台の横に造作の棚を設けることで、より多くの化粧品やタオルなどを収納できます。

 

 

いかがでしたか。

最近は、洗面室と脱衣室を別々にしたり、洗面室を個室とせずに通路上に配置したりする間取りが増えています。

それに伴って「おしゃれな洗面化粧台にしたい」と仰るお客様が増えてきました。

ARCHでは、お客様のお好みなどに合わせて様々なスタイルをご提案いたします。

「この雰囲気が好きだ」「やりたいと思っているものがあるけど出来るのかな」という方は、是非見学会等にお越しください。

Matsuki

書いた人

Matsuki

ブログ一覧へ